親元を離れての学生生活

私は高校を卒業して、大学に進学する時に実家から出て、独り暮らしをしながら通っていました。

高校までは親に学費など経費を出してもらっていたのですが、私が無理言って大学進学をしたため学費を自分で払っていく約束をして家を出ました。

田舎の大学でアルバイト先もあまりない状況だったのですが、1年生のうちはバイトをしながら学校に通っていました。

しかし、2年に入ってアルバイト先が潰れてしまい、アルバイトが出来ない状態になってしまいました。

2年の後期の授業料が払えず、親に相談すると貸してもらえることになりました。

自分のわがままで大学進学をしたのに、お金の面で助けてもらえることがとても嬉しかったのを覚えています。

3年になってからは家庭教師のアルバイトと2つ掛け持ちをしながら大学生活をして、無事、大学を卒業することが出来ました。

大学時代に総額70万円、親から借りていたのですが、社会人1年目にすべて返し終えることが出来ました。

社会人2年目になって結婚することになったのですが、親がその返金したお金を使わないでとっていてくれていたらしく、結婚式の費用に使いなさいと渡してくれました。

とても嬉しくありがたいという気持ちでいっぱいでした。やはり親はすごいと思った瞬間でした。

このページの先頭へ