それでもやめられないギャンブル

私はギャンブルがやめられずに暇さえあれば、パチンコ、競馬などをしていた。

学生時代はアルバイト代全てギャンブルに費やしていた。新社会になり、収入も増えた。

相変わらず収入の大半をギャンブルに使っていた。ある日、「引っ越しがしたい」と強く感じるようになった。

しかし、ギャンブルばかりしていた私は引っ越し代も持っているわけなく、金融会社にお金を借りるようになった。

10万ほど借りて、引っ越しをしようと思っていたのだが、借入限度額は50万、気付けば私は競馬場に行っており、すべてを使い切ってしまった。

このままではと思い、その負け分を取り返すため、また借金。結局三社からそれぞれ50万を借金してしまい、合計150万になった。

自分の力ではどうすることもできず、家族に頼って、借金を返済してもらった。そのときの母の涙が忘れられない。

「一生ギャンブルはしない」と誓ったのだが、その誓いもすぐに破ってしまう。

再度借金をするときの手続き(家族に借金返済してもらうときカードを破損させたため)を行うときの、受付担当者の優しい対応がとても憎らしい。

しかし、私は再度借金を150万することになった。借金は月5万円ずつ返済している。返済し終わるのはいつになることやら......

このページの先頭へ