先輩に頼まれて消費者金融をハシゴする羽目に

成人してから間もない頃の話バイト先の店長は副業で中古自動車の仲介売買をしていました。

車を扱うという事で、普段から羽振りが良く金銭的にも世話になりました。

ある日店長は資金繰りに悩んでいる様子で、「金貸してくれないか?」と言ってきました。しかし当時の無知な私は貸せるお金なんてありませんよと答えました。

すると「消費者金融で借りられるから借りてきてくれ」というではありませんか。びっくりしました。

借りてきてまで貸せという訳ですから。しかし今まで散々世話になった手前、断るにも断り切れず、「まあ、借りれるなら借りてきましょうか」と答えてしまい、アコムを含む消費者金融をハシゴする羽目になってしまいました。

当時はまだインターネットなんて普及していなかったので、当然、雑居ビルに入っている消費者金融を片っ端から当たる、というものでした。

健康保険証と印鑑を持って窓口に行きました。ネットが無かったとは言え、すでに無人契約機は普及していましたので、アコムではあの有名な「むじんくん」を使うことになりました。

しかし無人契約機と言ってもすぐ裏に窓口があるので、何だか後ろめたい事をしている様であまり良い気分ではありませんでした。

消費者金融を利用する事は、自分の為に使うならともかく、他人の為に借りるなんてもってのほかです。

特に若い女性は色恋沙汰の関係で彼氏に頼まれたりする事もあるかも知れません。

そういう時こそ、冷静な判断で相手を見てほしいものです。

このページの先頭へ