パチスロ代を友達にお金を借りるとき

大学に入ってからしばらくして、私は多くの大学生と同じようにパチスロにハマっておりました。(ダメ大学生ですが)

初めてのパチスロに友達に連れて行ってもらった時、運良く勝ってしまったのがすべての始まりでした。

気がつけば私をその道に誘ったその友人と朝の開店前から並ぶような立派なダメ人間になっていました。

その日も友人とパチスロで遊んでいたところ、もう少しで当たりそうなところで資金が尽きてしまいました。(当たりがきそうな状態などがわかる演出などがあるのです)

友人に1万円を借りて続きをすることにしました。

当たりがきそうな演出が出ていることを話すと、すぐに貸してくれました。

さあ、もう当たるぞと思っていると当たらず・・・

1万円もなくなりました。

もう少しだけ続けないといけないんだなと思い、また1万円借りました。

が、当たらない。

また1万円・・・また1万円。

気が付くとその時点で8万円ほど借りていました。

隣で無表情でじっと私を見る友人。

内心非常に焦りながらゲームを続ける私。

このまま当たらなかったらどうなるのだろう・・・

友人の顔が見たこともないような顔になっていました。

結局その後当たり、10万円ほど儲けましたので、1万円ほど足して友人にすぐ返しました。

その時は友人の顔はいつものにこやかな顔に戻っていましたが、あのまま返せなかったらと思うとぞっとします。

日頃から付き合いのある友人からお金を借りるときは、すぐに返せるような算段をつけておくべきだと痛感したできごとでした。

このページの先頭へ