1人暮らしで生活品を揃えるために友人からお金を借りる

私は就職を機に1人暮らしをはじめました。

引っ越しの時点で親には敷金礼金などをだしてもらっていたので、生活で必要なベットやソファーなどの家具や生活必要品を買うためのお金を借りることはできない状態でした。

しかしはじめての1人暮らしでどうしても自分の好きな部屋にしたくて友達から10万円借りました。

昔から親に「どんなに仲良くてもお金の貸し借りはしてはダメ」とよく言われていました。

しかしその友人は家がお金持ちでお金に困っておらずすごく仲もよかったのすんなりと貸してもらいました。

返済も月1万ずつで1年以内の返済で約束しました。私からすれば好きな家具も買えて大変満足したため良いお金の借り方をしたなと思っていました。

しかし社会人1年目はきつく自分の生活費でいっぱいいっぱいで月1万の返済も正直辛いのが現状でした。

そんなときに友人から来月までに残額分をまとめて返済して欲しいと言われました。

友人も友人でお金を借りたらしく、しかしそれを親には言えないような借り方をしたため貸してたお金を回収することにしたそうです。

が、私は約束通りの返済の仕方でしか返せないのでと言い張り、あれだけ仲良かったのに返済した今では口もききません。

やはりお金の貸し借りは慎重にすべきだとわかりました。

このページの先頭へ